シーツは破れるものだと知った日

シーツってそんなことで破れるのか……(そしてシーツって意外と高価だ…)

おちびはこの頃、暴れ足りていないらしい。
お外で思いっきり遊びたいのにお天気が悪くて遊べない。
だから、室内で思い切り暴れることにしたのだそうだ。

保育園のお遊戯室でドッジボールして遊んで、逃げるときに床をスライディング。
服に穴をあけてくる。
レギンスや、トレーナーのような伸縮性のある生地は、摩擦に弱いようで、頻繁に穴をあけてくる。
穴の周りも摩擦熱で生地が薄くなっていて、補修すると穴が補修できないサイズに成長してしまうことがよくある。

それから。

私の目を盗んで、うちのベッドをトランポリンにして遊ぶ。
ダメだといっても遊ぶ。
叱られても、見てなきゃばれないと思っているらしい。
いつも監視するわけにいかないからなぁ…。

ある日、お夕飯を作っていたら、おちびが
「ベッドでジャンプしてたらシーツが破れた」
と自首してきた。
我が家のベッドは、無印のダブルベッドで、シーツは無印のボックスシーツ。
シーツって破れるものなんだね!
トランポリンしてシーツが破れるなんて、初めて知った。
びっくり。

とりあえず。

服だのシーツだので、お財布が寂しい。
無印のオンラインショップ見たら、アウトレットコーナーにダブルのボックスシーツがあったのでいそいそと注文。
おのれおちびめー!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。どんどん押してね!
ブログランキング・にほんブログ村へ

シーツは破れるものだと知った日
トマト行政書士事務所&トマトラボの情報は
Facebookページで発信しています。
ぜひ覗いてみてください。
じゃんじゃんいいね!を押しましょう。

シェアする

フォローする