涙は交渉の道具

なんかさ、トンデモナイこと言ってますよね

おちびはこの頃、ずーっと同じ歌を歌っている。
「おとぎ話のような すてきなこの世界よ~」
1日10回ぐらい歌ってると思う。
「どんなにつらいときも 一人で泣いたりせずに 肩をくんでくじけないで~」

「ねぇ、おかあちゃん、くじけるって何?」

くじける…くじける。
およそくじけることが無縁なおちびに、どうやって説明すればいいの?
弱まったことなんて無いよねぇ。
「弱まるって何?負けること?」
んーちょっと違うんだよなぁ、落ち込むっていうか…
「落ち込んだこと無いよ」
そうだよねぇ、だいたい一人で泣いたことなんて無いでしょ?
「無いよ」
すぐ泣くけどねぇ。
「おかーちゃんにお願いしたいことがあるときは泣くけど、おかーちゃんがいなくなったら泣き止むよ、意味ないもん」

ん?なんか色々と凄いこと言ってない?
堂々と開き直ってトンデモナイこと言ってるなぁ。
おちびが情緒を理解するのは、あと5年以上先のようです。

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。どんどん押してね!
ブログランキング・にほんブログ村へ

涙は交渉の道具
トマト行政書士事務所&トマトラボの情報は
Facebookページで発信しています。
ぜひ覗いてみてください。
じゃんじゃんいいね!を押しましょう。

シェアする

フォローする