おちびの変な七五三

もうすぐ五歳で、七五三に行くぞ!と交渉された話

我が家のおちびは、交渉がうまい。
私は密かにネゴシエイターと呼んでいる。
直接「○○がほしい!うぎゃー」とは、ならない。
「いやだー(じたばた)」なんてことも、しない。
周りから攻め、じわじわと外堀を埋めていく。

「ねぇねぇ、おかーちゃん」と笑顔で話しかけてくるおちび。
いきなりおかーちゃん!ではなく、ねぇねぇ、とか、あのねとか言われるときは何かある。

「私、着物着て写真屋さんで写真撮ったことある?」
あるよ、初節句のとき。
写真を見せる私。なにやら考え込むおちび。
「おかーちゃんが子どもの頃に着ていた着物ちょうだい。」
え。なんだって?
「あるでしょ。見たことあるもん。」
浴衣とお稽古用の地味な着物があるかも…。何に使うの?
「たこやき食べて着物着て神社でおまいりする。」
たこやき。
「○ちゃんも×ちゃんも、七五三したって言ってた」
七五三。
「神社でたこやき食べたって言ってた」
たこやき…?

その後おちびが話したところによると、おちびの保育園はただいま、「着物着て神社でおまいりして写真撮る」七五三がブーム中だそうな。
おちびのクラスは、1人だけ女の子であとは男の子だし、五歳は七五三だよね。
1人だけの女の子も、7歳のお兄ちゃんが居るせいなのか、二人で着物着て、七五三したらしい。
7歳は女の子、5歳が男の子じゃないかと思ったが、とにかく七五三したらしい。
「みんな着物着て七五三したんだって!」
本当にみんなが着物着たかは分からないけど、みんなが七五三をした可能性はすっごく高い。
「あぁあー私だけ七五三無しかもねー。神社でたこやき食べたいなー」
窓の外を見上げるおちび。

言っておくけど、七五三とたこやきは関係ないぞ、おちび。

…とまぁ、そんなわけで、ある晴れた日に、神社へ。
たこやきと着物の関係が不透明なまま、おちびの「七五三」に行ってきました。

言われて見ると、おちびは3歳の七五三をしていませんでした。
写真だけ、ドレス着てお誕生日に撮ったけれど…神社は行っていませんでした。
そんなわけで、着物買いましたよ。
もう七五三シーズン真っ只中だったので、レンタル着物はあまり無いし意外と高かったので、いっそ購入してしまいました。
ポリエステルですが…。
身長105cmのおちびですが、写真のとおり、外で着るのにちょうどいい感じでした。

七五三 着物 3歳 セット 女の子 選べる13柄 被布セット 販売 着物セット 七五三 3歳用 祝着 お祝い着 正月 着物 ひな祭り 着物 モダン

価格:6,900円
(2017/12/15 13:30時点)
感想(4053件)

神社では、もうすぐ5歳なんだけどなぁ…おちびの七五三って3歳と7歳だよなぁ……と思いつつ、ちゃんと祈祷していただきました。
(但し、七五三の祈祷は女の子は3歳と7歳!とのことだったので、身体健全祈祷だったかな?をしてもらいました。健康なおちび、ますます健康になって、憧れの病児保育が遠ざかったことでしょう。)

おちびは満足そう。

…と思ったら、走り出すおちび。
「あっち行くの!!」と、門をくぐって庭園(白山公園)のほうへ行こうとする。
なんでそっちへ行くのかな?と思いながらおちびについていったら、おちびが門を通り抜けたところで絶叫。
「無いー!!」
庭園にはいつも屋台があって、ぽっぽ焼きだのたこ焼きだのがあると思っていたようです。
この日は屋台がありませんでした。
残念。
たこやき無し。

いつも屋台があるわけじゃないんだよー。

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。どんどん押してね!
ブログランキング・にほんブログ村へ

おちびの変な七五三
トマト行政書士事務所&トマトラボの情報は
Facebookページで発信しています。
ぜひ覗いてみてください。
じゃんじゃんいいね!を押しましょう。

シェアする

フォローする