「やめてぇぇぇ!!」と(わざと)叫ぶおちび

たぶんおちびは、分かってやってる

今週のおちび(2歳9ヶ月)は、おちび史上最悪の悪い子である。
すごい悪い子である。

着替えヤダヤダ、ごはんヤダヤダ、テレビ見終わるのヤダヤダ、寝るのヤダヤダ、起きるのヤダヤダ、ココなんかヤダヤダ。

いちいち、大きな声で泣く。
自分の思い通りにならないと、更に大声で泣き喚く。

問題は…「おかーちゃん やめてよぉぉ もうやめてー!」と悲痛な声で泣くことだ。
事情を知らない近所の人は、毎日「おかーちゃんやだやだ やめてよぅぅ」という大きな泣き声をきいたら、虐待かと思うだろう。

そういうレベルである。

まさか、私が「ちゃんとごはん食べなさい」と言っているのに対して、おちびが「ごはんいらない、デザートの梨だけ食べたい」とわがまま言っているようには……聞こえないだろうなぁ…。
あるいは「ココをピコピコハンマーでたたいちゃダメ!」と叱ったら、「やだピコピコハンマーで叩くのやめない!」と言っているようには……あ、あ、あ。

既に、近所の人からは明確に「虐待」という単語を使って、虐待疑惑をかけられている。
ま、しょうがない。
「怪しいときは躊躇せず通報!」が、虐待発見のためには大切だからなぁ。

もし通報されてどなたか施設の方が調べにこられたら、貴重な経験だと思うことにしよう。

おちび、通報や虐待の意味は分からないのだろうけれど、やめてぇぇと叫ぶと私が若干ひるむ(気取られないように気をつけているんだけど)ので、その空気感を察知していると思われる。おのれー!!

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。どんどん押してね!
ブログランキング・にほんブログ村へ

「やめてぇぇぇ!!」と(わざと)叫ぶおちび
トマト行政書士事務所&トマトラボの情報は
Facebookページで発信しています。
ぜひ覗いてみてください。
じゃんじゃんいいね!を押しましょう。

シェアする

フォローする