【自分で服の染め直し】思ったより簡単!DYLONでチノパンとブラウスを染めました

仕事でも私生活でもチノパンを愛用しているのですが、3年ほど履いてきたネイビーのチノパンが、白っぽくなりました。
もう、みっともないというか、作業着にしないとまずいというか。

生地はまだまだ大丈夫だけど、色がおちて縫い目だけでなく、全体的に白い(上の写真参照)。
全体写真撮り忘れてしまいました。残念。

それから、このブラウス。
ノースリーブの、ややビッグシルエットなブラウスで、夏だし涼しくと思ってミントグリーンを買ったのですが…。

私が着ると、手術着に見える!

スカートにインしたり、あれこれ工夫するものの、どうしても手術着に見える!!

微妙に暗いミントグリーンだからでしょうか。
私にはどうも、顔色が暗くなって、似合わないのです。

買ったばかりだし、メルカリか何かで売ろうかと思ったのですが、そういえばチノパンも色あせてきたことだし、染色に挑戦してみることにしました。

DYLONプレミアムダイにした理由

まずは服の重さを量ってから、染色剤を買いにいきます。

チノパンが、448g。
ブラウスが、93g。
あわせて541g。

次に、繊維を調べます(繊維によって染料が違います)。
チノパンは綿100%で、ブラウスは綿65%・ポリエステル35%。

以上から、綿に向いている染料を使うことにしました。

インターネットやら、手芸店やらを探してみて、今回は近所で売っていたDYLONプレミアムダイを使います。

染料についていろいろと調べたのですが、染めるときの水の温度が、高いものと低いものがあります。
同じDYLON(DYLONは染料メーカー)の染料でも、「70度のお湯で染める」っていうものもありました。
70度以上のお湯で染めるとなると、かなりの高温なので、ゴム手袋しただけではヤケドしそうです。
今回選んだDYLON プレミアムダイは、40度で大丈夫。
これなら、お湯を沸かすまでもなく、ガス給湯器のお湯で十分。

準備したもの

準備したものは、以下のとおりです。

  • バケツ(15L用 作業するので大きめ)
  • 塩250g
  • 長めのゴム手袋
  • DYLON プレミアムダイ ネイビーブルー1袋
  • 40度のお湯

DYLONプレミアムダイは、1袋で250gの服まで染まり、それ以上だと薄く染まるとのことでした。

私が今回染めるものは、一つは染め直しだし、もう一つはきれいに染まらなくても「手術着色」でなくなればOKなので、1袋で両方とも染めてみることにしました。

手順は簡単

手順は、本当に簡単。
(仕事は細かく神経質にやるけれど)私生活はザ・ズボラな私でも簡単でした。

塩250gを準備する

はかりで塩250gをはかる。

染め粉を500mlのお湯で溶かす

染め粉をペットボトル(家にあったもの、2Lサイズだった)に全部いれ、水温43度に設定した給湯器のお湯をペットボトルに入れる。
だいたい500mlぐらいいれたら、キャップをしてペットボトルをふり、溶かす(すぐとける)。

バケツに塩と40度のお湯を6L入れる

バケツに、給湯器のお湯を適当に6Lぐらい入れ、塩250gも入れて、ゴム手袋した手でかきまぜる。

塩が溶けたら染め粉を入れる

バケツに染め粉を溶かしたお湯も入れる

服を入れて15分まぜる

ここが一番大変だったかもしれません。
服をきちんと広げて入れた後、染めムラになったら怖いので、15分間よくかき混ぜました。服を広げなおしてはつけなおし、広げなおし、つけなおし…。

本当はここまでやらなくても良かったのかな?どうなんでしょう。

その後45分、たまにまぜつつ放置

たまに混ぜつつ(10分に1回、服を広げなおしてつけなおしました)、染料につけておきました。

ここはけっこう適当だった気が…。

すすぎして干す

その後、まず手洗いですすぎして、絞っても染料が出ないぐらいにすすいだら、洗濯機に入れて洗剤いれずに標準コースで1回洗いました。

結果、きれいに染まりました!

このブログに書いているとおり、手芸の類(針仕事が…)がすごく苦手なので、どうなることかと思いましたが、びっくりするぐらいうまくいきました。
良かったー!

チノパンは、こんな具合に染まりました。
インディゴ色の部分は、染める前は白(きなり)だったところです。
けっこうきれいに染まっていることがお分かりになるかなと思います。

上の写真と同じく、インディゴ色のところは、元々きなり色でした(履くと外からは見えません)。
チノパンそのものが、「作業着にしないとまずいぐらい」白っぽくなっていた上、縫い目の周りなどはかなり白かったのですが、きれいなネイビーで新品みたいな色になりました。

ブラウスは、こんな具合にそまりました。
35%が化繊で染まらないので、きれいになるか心配でしたが、すごくきれいにしっかり染まって嬉しい!

縫い糸は化繊だったのでしょうね。
全然染まらず、ミントグリーン色のままです。
糸も染まってくれれば良かったのになぁ、と思いますが、まぁ気にしないで着ることにいたします。

色が白っぽくなったら、また染め直そう!
特にチノパンは、私はネイビーばっかり持っていて、色があせやすいので、白っぽくなったらまた染めようと思います。
こんなに簡単に染まってびっくりしました。

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。どんどん押してね!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【自分で服の染め直し】思ったより簡単!DYLONでチノパンとブラウスを染めました
トマト行政書士事務所&トマトラボの情報は
Facebookページで発信しています。
ぜひ覗いてみてください。
じゃんじゃんいいね!を押しましょう。

シェアする

フォローする