だんごむしのために飼育ケース購入。子どもの人生は子どものもの!

この週末、某ショッピングセンターでおちびと買い物をしていましたら、おちびから飼育ケースをおねだりされました。
もう夏も終わりですが、お友達からお話を聞いたか何かで、昆虫に興味がわいたのかな、と思い喜んで購入。

何飼うの?
「だんごむし!たくさんかうー!」

オーマイガッ!

スポンサーリンク

一瞬迷ったけれど、子どもを操縦したくないなと思ったので…

おちび4歳。
最初に飼うペットはだんごむしか…。

話を聞いていたばぁばが横で、だんごむしと聞いてぎゃーぎゃー騒ぎ、そんなのダメだと言い立てて、かぶとむしだの鈴虫だのを提案。

うーん、私も正直だんごむしにはちょっと迷いましたが、やっぱり子どもを操縦するようなことはイヤだなぁと思ったので、その場でばぁばを制止して、だんごむし採集に協力することを約束しました。

ただし!!

おちびがちゃんと世話すること。

ちょっとだけ私も面倒見るつもりですけどね…。100%おちびに任せていたら、飼育ケース内が白くなっただんごむしの山になりそうだから。そしてきっと、そいつらの片付けは私の仕事になっちゃうんだ……ぅわーいやだいやだいやだ。(´・ω・`) 

空白の一瞬で考えたこと

ばぁばが鈴虫なんかをお勧めしている間、一瞬の間に、私もいろいろと考えたのです。

だんごむしなら、別に害は無さそうだな、とか。
たとえ家の中で多少脱走されたとしても…せいぜいココ(犬、ヘタレな性格)が飛び上がってびっくりするぐらい。
だんごむしを飼う分には、別に近所の人や、その他の誰かに迷惑をかけることも無さそうです。

我が家は母子家庭だしなー。
きっと、私の影響を強く受けるんだと思うのです。
だから、ここで私が「だんごむし禁止!」って言ったら、せっかくの貴重なおちびらしさが消えてしまうかもしれません。
(おちびはずいぶん個性的なので、そんな心配なさそうだけど。)
やっぱりここは、おちびの意思を尊重したいな、と。

最後に…これが一番の理由ですが…。
だんごむし飼っちゃだめ!!って堂々と言う理由が見つかりませんでした。
何かを飼っちゃダメな理由って、よそのおうちはどんな理由をつけているのでしょうね。
犬なら…ペット禁止の住宅だとか、アレルギーがあるとか、ちゃんと世話できる人がいない(犬はけっこう手間がかかります)かな。
その点だんごむしは、別にうるさく鳴くわけでもないし、えさ代がかさむわけでもないし、アレルギーは関係無さそうだし、禁止する理由が無いんだなぁ…

ダンゴムシの飼い方

さて、だんごむしって何を食べるのか。
落ち葉を食べることぐらいしか知らないなぁ…と思ったら、便利なものを2つ見つけたのでリンク貼ります。

すごい。
サイト名からしてすごい。
ダンゴムシジャパン。

そういえば、だんごむしって、実は外来種なんですね。明治時代に積荷にまぎれて来たと言う…。

だんごむしの本。まるごと一冊だんごむし。
飼育方法まで掲載されている。
情報に多々誤りがあるという指摘がちらほら聞こえるが、とにかく素晴らしい1冊。

よく考えてみると、ダンゴムシってそこらへんに居て、とにかく安全なので、子どもの最初のペットとしてちょうどいいかも。

今度の週末、公園でダンゴムシを採取することとなりました。
ちなみに、写真の棚は、台所にあります。おちびはここに飼育ケースを置き、ダンゴムシを観察するつもりで居ますが、さすがにちょっと、台所はご勘弁いただきたい。
ダンゴムシ観察場所を考えようと思います…。

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。どんどん押してね!
ブログランキング・にほんブログ村へ

だんごむしのために飼育ケース購入。子どもの人生は子どものもの!
トマト行政書士事務所&トマトラボの情報は
Facebookページで発信しています。
ぜひ覗いてみてください。
じゃんじゃんいいね!を押しましょう。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする